2010年11月10日

Member introduction 会員紹介

takashima.png

高島 博

自分は何色・・・
茜色

色にまつわるエピソード・・・
広葉樹の葉は、春の新緑から秋には紅葉して赤や黄色になり枯れてしまいます。でもその時には、来春の新芽が既に出来ています。いつの頃からか、秋の紅葉は再生であり、輪廻と思えるようになってきました。これも、年を取った証しでしょうか?また、春の芽吹きの前には山全体がほのかに赤く色付くのを知っていましたか?そう言えば、夕焼けも茜色に染まりますが、翌日は訪れるし、朝焼けもしますね。"LEAVES  THAT  ARE  GREEN ”は誰が作詞作曲したかご存知ですか?


※「THE INTERIOR View Vol.18」(2009年秋号)掲載より


posted by KICA at 00:00| Comment(0) | ザ・インテリア・ヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

Member introduction 会員紹介

ishii.png

石井 ゆかり

自分は何色・・・
マリンブルー

色にまつわるエピソード・・・
はじめまして。NewFaceの石井です。よろしくお願いします。自分を色で例えるなら・・・というより元気をもらえる色が沖縄の海です。前職(異業種)で仕事の都合上、過ごす機会が多かった沖縄。どんな状況に置かれていても包み込むように受け入れてくれるマリンブルーの海。私もそんな沖縄の海のようなピュアで懐の深い人間になれますようにと希望が込められたマイカラーです。


※「THE INTERIOR View Vol.18」(2009年秋号)掲載より
posted by KICA at 00:00| Comment(0) | ザ・インテリア・ヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

Member introduction 会員紹介


藤本 幸子

自分は何色・・・
ベージュ
ベージュは人の肌や木肌を連想させ精神をリラックスさせる色、安心感をあたえます。他色との相性も良くインテリアでもベースカラーに使われることが多い色です。土台となるベースカラーが私で、その上にお客様のオリジナリティーを引き出し、表現できればと思っています。

色にまつわるエピソード・・・
話は若干違いますが、服装もベージュ系を着る様にしたり。以前は同じような理由で黒、グレー、白等の無彩色を着ていましたが、ここ数年それでは肌がくすんで見えるようになってきました・・・。今はベージュを基調にして自分に似合う色、肌色を引き立たせる色を研究しています。くすんだ肌でお客様をがっかりさせないように? カラーによるアンチエイジング、公私ともに必要ですよね。


※「THE INTERIOR View Vol.18」(2009年秋号)掲載より
posted by KICA at 00:00| Comment(0) | ザ・インテリア・ヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

Member introduction 会員紹介

mikimari.png

三木麻里
Branch Office主宰

自分は何色・・・
チョコレート色

色にまつわるエピソード・・・
私は子供の頃から、チョコレートが大好き。イコール、チョコレート色も大好きです。気が付けば、洋服やかばん等も茶系の物を購入していることが多く、デジカメやケータイも現在はチョコレート色の物を持っています。チョコレート好きが高じて、私のもう一つの顔である手作り雑貨アーティストとしての最初の作品はナント『バレンタイン熊手』でした。今では毎年、年末〜2月頃にかけて『お正月熊手』と並んで、我が『BranchOffice』の売れ筋商品となっています。


※「THE INTERIOR View Vol.18」(2009年秋号)掲載より
posted by KICA at 00:00| Comment(0) | ザ・インテリア・ヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

Member introduction 会員紹介

senno.png
▲写真は、ビアパーティ会場での情景。
海に沈む夕日を楽しみにしていたにも関らず、あいにくの天候だったはずが…
澄んだ深い青に変わる瞬間です。
深いなぁ‥。

千野 万里子

自分は何色・・・
BLUE

色にまつわるエピソード・・・
自然界の色に魅せられます。昔は、赤やオレンジ、グリーンの元気な色が好きでした。最近は人生感を語るには?ブルーが外せない(笑)いやいや、青って深いなぁ‥っと思うんです。自然界にある色なんだけど、ベースである宇宙…地球上での空や海は透明な青だと感じるんですよね。でも、生活空間の中では電球色や藍染さえも人工的な色に見えてしまう…。ビジュアル的というよりも内面を表現する色なのかも‥。明度、彩度によっては、癒しや、爽やかさ、浮き浮きした感情にも。その反面、曇りや悲しみ、澄んだ深さや動き出す前の静けさと‥。仕事で取り組んでみたい課題でもある色です。


※「THE INTERIOR View Vol.18」(2009年秋号)掲載より
posted by KICA at 00:00| Comment(0) | ザ・インテリア・ヴュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。